ブログ

2019/06/02実はまだみんながしていない、むし歯予防!

皆様こんにちは!鶴見区にある歯医者さん!

インプラントのヴェリタスインプラントサロン横浜、歯周治療のうえの歯科医院

歯科衛生士の高橋です!


今日は、またまたむし歯予防についてお話を進めていこうと思います!

今回取り扱うむし歯予防テーマは、意外と知られていないむし歯予防


フッ素洗口について です!


【フッ素洗口】


現在において、ほとんどの歯みがき粉にはフッ素が配合されています。

2011年に誕生した「歯と口腔保健の推進に関する法律」では、乳幼児から高齢者まですべてのライフステージの人に対して

むし歯予防としてフッ素の応用を位置付けています。

さらに小児の永久歯のむし歯予防には「フッ素塗布」「フッ化物配合歯磨剤」「シーラント」「フッ素洗口」

などを進めていくようにと書かれています。


シーラントは以前にお話ししたこともありますね。

そして、最近は患者様からも「シーラントをしたい!」という声も多くかかるようになりました。

シーラントを行っていることで、この方がむし歯になるのを予防してくれているんだなぁと思うことも多々みかけます。


もし、シーラントをご存知でない方がいれば

過去の記事をさかのぼってみてください!

大人になってもシーラントは歯を守り続けてくれているんですよ!


最近、フッ素を塗ってほしい、ということ以外にシーラントをしてほしいという声が聞こえるようになってきたのは

予防に意識がどんどん向いているということで、本当にすごいことだと思います!

そして、同時に予防が普及しているということだと感じます。


歯磨き粉にはフッ素も入っていますし、フッ素塗布で医院に通ってくださる方もいます。

シーラントも普及してきて、お家用のフッ素ジェルの取り扱いも最近は見かけるようになりました。

(お家で塗るフッ素と医院で塗るフッ素はまた別ですよ。。。)

フッ素やシーラントがどんどん身近な存在になってきています!


しかし!


先ほどのむし歯予防で「フッ素塗布」「フッ化物配合歯磨剤」「シーラント」「フッ素洗口」をあげましたが、


「フッ素洗口」


聞いたことある方はいるでしょうか?

フッ素洗口をやったことある方はいらっしゃいますか?

地域によっては学校などでフッ素洗口を実施しているところもあるようです。


フッ素洗口つまり、フッ素の液を使ってのうがいなのですが、フッ素洗口を実施している方はまだまだ少ないです!

フッ素洗口の実施率は1~14歳で13.4%ととても少ないです。。。


今日はそんなフッ素洗口についてお話を進めていこうと思います!

じつは、意外とむし歯予防の効果が大きく、

むし歯予防としてのセルフケアでまだまだできることはあるんです‼




【フッ素洗口ってなんだろう?】


そもそもフッ素洗口ってなんだろう?

と思う方も多いかもしれません。


ざっくりとしたやり方については前の記事をご覧ください。

3/12 「フッ素洗口!」


フッ素洗口は、うがいによってフッ素を隅々までいきわたらせることができるので

矯正装置の入っている方で歯磨きがなかなか届きにくい場所、歯と歯の間、奥歯などにまんべんなくいきわたりやすいです!

そのため、フッ素ジェルで届きにくいところもフッ素洗口ならフッ素が届きます!

そしてお子様だけではなく、大人で歯ぐきが下がってきて、歯の根っこがむし歯になるリスクも抑えることができるので

大人の方でもおススメです!まさに家族でできるむし歯予防習慣!




【フッ素洗口を実施してみた症例】


ある市町村で4~12歳の小児を対象にフッ素洗口を協力依頼しました。

参加していただいた方は350名です。

来院して、ご家庭でのフッ素洗口を依頼して3か月後にもう一度来院された時にフッ素洗口の使用状況を聞くと


なんと、


60%以上の方が毎日フッ素洗口を継続できていると回答してくださったそうです。

半年後の6ヶ月でも50%の方がフッ素洗口を継続していました。

ここからわかることは、フッ素洗口の手軽さです!


そしてなによりも

お子様が自らが進んでフッ素洗口を実施してくれていたそうです。

自発的にお子様がむし歯予防に関心をもってくれるって素敵な健康教育ですよね!


そして実感できたフッ素洗口の効果としては

「歯がツルツルになった」

「口臭がなくなった」

「むし歯ができなくなった」

などだったそうです。


そして、すでに歯科医院に通ってフッ素塗布を行っている方にもいい効果があります!

フッ素洗口とフッ素塗布を一緒に行うことでむし歯の予防効果が上がると報告されています!


2年間フッ素塗布のみを実施した人は、フッ素塗布など何もしていない人に比べて、19.1%のむし歯の予防効果がありました。

これに、230ppmFのフッ化物洗口を追加するとむし歯の予防効果は30.8%まで向上します!


これは、絶対にフッ素洗口はやった方がいいですよね!

そして、フッ素塗布も同時に行った方がいいです!


さらに、予防に意識が向くようになるためか、フロスなどのセルフケアの使用も増えた。という結果が出ています!


ご家庭でのむし歯や歯周病の予防の習慣づけの一歩としてはかなりフッ素洗口は有効なのではないでしょうか?



【大人の方にも効果的!】


フッ素洗口は大人の方にも効果的なんです。

60歳以上の方を対象として研究では4年間フッ素洗口を実施することでフッ素洗口を行っていない方よりも

歯ぐきが下がり、でてきた歯の根っこに出来てしまうむし歯が改善されるという結果があり、

むし歯になったことある場所を表す指標があるのですが、フッ素洗口などをしない方に比べて、この指標が71.4%も予防されていました。


これらより、ご家族全員で手軽にむし歯予防としてフッ素洗口を活用していかれた方が

断然予防には効果的です!


【フッ素洗口の安全性】


フッ素は怖いものとして考えられている方も多いです。。 

しかし、正しい使用方法を守っていただければ、安全に予防できます。

例えば、フッ素の洗口液をうがい用で準備した1回分の液を間違って飲んでしまったとしても

直ちに健康被害が発生することはないと考えられており、フッ素の急性中毒と慢性中毒の両方からも

理論上の安全性が確保されています。

しかし、フッ素洗口はうがいがちゃんとできる年齢から使用しましょう。


フッ素洗口は、うがいが適切に行われる限り、身体が弱い人などでも使用が出来ます。

腎疾患の人にもむし歯予防として進められる方法です。

アレルギーの原因となることもありません。

骨折や、がん、神経系および遺伝子疾患との関連は疫学調査などで否定をされています。



【さぁ!フッ素洗口にチャレンジ!】


当院にはフッ素洗口液を販売しています!




こちらのバトラーF洗口液です。

市販の物よりも歯科医院専売なので、フッ素の濃度が高く入っていてむし歯予防に効果的!

水で薄めての使用もできるのでお子様でも大丈夫です!


こちらの使用方法は、1日1回食後か就寝前に使用してもらいます。使用は必ず歯みがき後でお願いします。

フッ素洗口液をお口の中に含み30秒ほどお口の中全体に行き渡らせるぶくぶくうがいをします。


年齢によってフッ素洗口液の使用量が違うので注意してくださいね!


ぜひ、当院に通われていない方も受付に立ち寄って「フッ素洗口ありますか?」と気軽にお声掛けくださいね!




まだまだ認知度が低いフッ素洗口ですが、

実は手軽で嬉しい効果がたくさんあります!

フッ素塗布やシーラントだけでなく、フッ素洗口でむし歯予防の効果を上げて

そして、家族全員で行う新しい予防習慣としてぜひ今日からフッ素洗口を行ってみましょう!