ブログ

2019/01/07歯の神経って何なんだ!!?③

皆様こんにちは!

横浜市鶴見区にありますインプラントのヴェリタスインプラントサロン横浜歯周病治療のうえの歯科医院 

歯科医師の米長です。


私のテーマは“歯の神経”です!


言われたことありませんか?

「虫歯が神経に近い…」

「歯の神経の治療…」

「神経が痛む…」    などなど


でも“歯の神経”って何なんだ!!?


そんな疑問に答えられるように “歯” について

お話させていただきます。


歯の神経って何なんだ!!?

~第三話 歯が感じるものは~


前回は歯が実は内側で歯を作り続けている

というお話をさせて頂きました。


今回は歯の感覚についてお話させて頂きます。



動物は生存の為に外界のあらゆる刺激を感覚としてとらえます。

例えば手でボールペンを握ると、表面がどんな形なのか

冷たいのか熱いのか、汚れてないか、硬いのかなど

たくさんの情報を感覚として受けとります。

自室で、暗くて物が見えなくても

手に取れば大抵の物は何か分かりますよね。


こういった刺激が強い場合、体は痛みと感じます。

熱すぎるもの冷たすぎるもの、押し潰されるような感覚

これらは痛みに変換されます。


このように、人の末端神経は

冷温感覚・触圧感覚・痛感覚 を感じとります。



さて、それでは歯は何を感じているのでしょうか。


食べ物の温かさや冷たさ、形などは

   舌や上顎の粘膜が主に感じています。

食べ物を噛んだ食感は

   歯を支える“歯根膜”が感じ取っています。

食べたものの味は

   味蕾(みらい)という主にベロにある細胞が感じています。



では歯が感じているのは…


痛みだけなんです。



アイスを食べた時にしみる、知覚過敏

虫歯でしみたり痛んだり

歯の神経が感じた情報を知覚するのはこんな時くらいです。


歯の神経って痛みを感じるだけ。

痛みを感じることに特化してるんです。


極小さな刺激を感じ取ることで

一日に1/100ミリメートルずつ歯をつくって

私達の体を守っている、それが“歯の神経”です。


やっぱり歯の神経って健気ですね。


歯の神経って何なんだ!!?③



歯って何なのか。

興味を持っていただければ幸いです。そして

歯を大事にしたい。

そう思ってくださる人が一人でも増えれば

歯科医師としてこんなにうれしいことはありません。

次回からはもうちょっと“歯の神経”に近づきたいと思います。


ホワイトエッセンス1月キャンペーン】

「新年特別価格のキャンペーン盛りだくさん!」

☆一番人気のホワイトニングコースとメインテナンスチケットのセットが新年別価格

 両方同時購入で¥10000円OFF

☆人気のクリーニングコースチケットにホワイトニングが1回無料でプレゼント

☆クリーニングやホワイトニングにプラスでケアできる6回チケットに1回分無料プレゼント


まだまだあります!スタッフに気軽にお声掛けください!!

今年はメインテナンス重視の1年に‼



【うえの歯科医院 リクルートサイト

学生向けのサイト!

スタッフ一人ひとりのインタビュー動画をみれたり、働く姿を知ることができる!

2019年卒、見学会日程調整中!

2020年卒、管理栄養士向けインターンシップ!1月9日(水)参加者募集中!