ブログ

2020/06/21インプラントは痛い?インプラントに痛みが出る?原因は?

皆様こんにちは!鶴見区にある歯医者さん!

インプラントのヴェリタスインプラントサロン横浜、歯周治療のうえの歯科医院

歯科衛生士の高橋です

 

今日はインプラントの痛みについてお話します。

インプラントって痛いの?

という悩みについてもお答えしていきます。

もし、インプラントを考えている方の不安に少しでもお答えできればと思います。

 

 

■インプラントの治療の痛みについて

◇手術中の痛み

基本的に痛みはないです。

麻酔をしっかり行なっていますので、痛みを感じることはまずないです。

もし、施術中に麻酔が切れることがあっても、必ず追加で行えるので

安心して施術を受けていただけます。

 

 

 

◇術後の痛みや腫れ

インプラントの埋入後に痛みや腫れが出てくることがあります。

痛み止めを処方させていただくので、痛みを抑えることができます。

しかし、お薬の効き方には個人差があるので、痛みを感じることもあります。

その時は、歯を抜いた後の痛みに近いです。

また、顎の骨に埋入を行うので、腫れが出てきてしまうことがあります。

顎の腫れは埋入の2日後がピークと言われています。

また、内出血のような跡が出てくることもありますが、これも収まってきますので

心配なさらなくても大丈夫です。

 

 

◇抜糸時の痛み

抜糸時の痛みは特にはないです。

糸が「スッ」ととれた感覚はありますが基本的には痛みはないです。

抜糸は基本的にはインプラント埋入から1週間後が目安です。

術後の状態によっては抜糸する期間も少しずらすことがあるので

その際は、担当の先生からしっかり状態の説明があるのでご安心ください。

 

 

■痛みや腫れを抑える方法

◇処方された痛み止めを飲む

もし、痛みが出た時は痛み止めを飲むことをお勧めします。

痛みが出ることがとにかく不安であるというときは、麻酔がまだ聞いている施術直後に1回飲んでもいいかもしれません。

痛み止めの処方はお薬のアレルギーによって処方されるものが変わってきますので

何かアレルギーがあったり、過去に服薬して気持ち悪くなる薬などがもしあれば

しっかりと事前に担当の先生に伝えるようにしましょう。

 

 

 

◇飲酒・喫煙は控える

インプラントの施術をした当日の飲酒は控えるようにしましょう。

飲酒をすることで、血流が良くなり、施術後の傷から血が多く出やすくなります。

また、喫煙は傷の治りが遅くなってしまうのでインプラント施術後も禁煙することをお勧めします。

 

 

◇激しい運動や長風呂は避ける

こちらも、飲酒と同じように激しい運動や長風呂をすることで血流が良くなり、傷口から血が多く出やすくなります。

インプラントの施術当日は、安静にして過ごすこと、お風呂は湯船につかることを避け、シャワーを浴びる程度にすることをお勧めします。

 

◇インプラント周辺は優しく丁寧に歯磨きをする

歯みがきに関しても気になっていらっしゃる方が多いです。

当日はインプラントの施術をしたところに歯ブラシを当てることは避けましょう。

他の歯のところはしっかり磨くようにしましょう。

出血が気になり、うがいをたくさんしてしまうと余計に血が傷口から出てしまいます。

あまりゆすぎすぎず、でも、お口の中はできる限り清潔に保っていただきたいです。

施術翌日には、消毒で状態を確認させていただきますが、その日以降はうがい薬を使用して、よくゆすぐようにしましょう。

先生から、歯磨きをしてもよいという指示が出た時にはやさしく丁寧に磨くことをお勧めします。その時は、柔らかい歯ブラシを使用するようにしましょう。

 

 

■治療完了後インプラントが痛くなる原因

◇インプラント周囲炎になっている

実は、インプラントも歯周病になってしまうことがあります。

そして、自分の歯よりもインプラントの方が歯周病にかかりやすいです。

インプラント周囲炎にかかってしまうと、せっかく入れたインプラントも使えなくなってしまい、インプラントを取らなければならないことがあります…

歯みがきで、インプラントから出血がないか、膿が出ていないかもチェックポイントの一つです。

もし、出血がある場合はすぐに歯科医院を受診するようにしましょう。

そして、インプラントの状態も確認してもらうようにしましょう。

必要があれば、顎の骨のレントゲン写真も撮影し、インプラントを支えている顎の骨の状態の確認が必要になると思います。

 

 

◇何らかの負荷がかかりインプラントが緩んでいる

噛み合わせや、歯ぎしり・くいしばりなどが原因でインプラントが緩んでしまうことがあります。

その場合も、早期に歯科医院を受診するようにしましょう。

そういう風にならないように、予防方法の一つとしてナイトガード、歯ぎしり予防のマウスピースの着用をお勧めします。

ぜひ、こちらも先生に相談してみましょう。

 

 

■痛みが強い場合はすぐに歯科医院へ

インプラント施術後もし、痛み止めが聞かなかったり

インプラントの治療がすべて完了した後、痛みが出た場合

どちらに関してもすぐに歯科医院の受診をお勧めします。

 

基本的に、インプラントはうえの被せ物が入ったところで

インプラントの治療が終わりです。

しかし、インプラントは、メインテナンスしていくことが最重要です。

インプラントを行ったからこそ定期的なメインテナンスを行い、術後の経過もしっかり確認をするようにしましょう。

また、定期的なクリーニングでお口の中を清潔に保つことが必要不可欠です。

うえの歯科医院でのインプラント治療はメインテナンスまでしっかりおこなうので、治療をして終わりということはないです。

そのため、ある意味一生のお付き合いになると思いますが、安心していただけるようにその後もフォローさせていただきます。

 

 

■まとめ

インプラントは、不安なことが多いと思います。

なので、しっかり説明してくれる医院であること、施術後もメインテナンスなどでアフターケアができることろなどがいいと思います。

うえの歯科院では、専門のカウンセラーもいるので施術の前や後もしっかり説明をさせていただきます。

ご相談からでも結構ですので、ぜひ、ご連絡ください。

VERITASOCC チャンネル 開設‼

歯みがきのポイントを歯科衛生士が丁寧に解説しています!

自分の磨き方を見直すチャンス!

効果的な歯磨きの仕方をぜひ学びましょう‼

そして他の動画もぜひチェックしてください!


VERITASヘルスケアチャンネル セミナー動画更新中!

おうち時間で自炊をされる方、急増中!

どんな食材を選んだらよいか、悩んでいませんか?

実は、スーパーマーケットに入ってすぐに見つかる、ご存知のあの食材たち、スゴイ力を持っているんです!!

‪そんな食材たちを戦隊ヒーローに見立てて、歯科管理栄養士がご紹介!‬

今日の夕飯のヒントにも!

‪ぜひご家族でレッツスタディ栄養学♪