ブログ

2020/07/23歯周病検査について



みなさん こんにちは!鶴見区にある歯科医院!ヴェリタスインプラントサロン横浜、歯周治療のうえの歯科医院、ホワイトエッセンス鶴見東寺尾店の歯科衛生士の鶴巻です♪



 


 

まだまだ梅雨は明けませんね

今年はなんだか長くなるという情報も...


乗り切っていきましょう(*´∀`*)




 


 


 

さて前回は歯周病治療について皆様にお届けしましたが、

今回は歯周病検査についてお伝えします!







■歯周病検査で診ているものとは?

・プラーク量

・歯周病の進行具合

・歯の揺れ

・虫歯の有無



では、1つずつ解説していきます✨✨



■プラーク量

これは、みなさんが普段行って下さっている歯磨きで

どれだプラークが落とせているかを見ています。


そもそもプラークとは何のことか?

そして、それを見る意味とは?





プラークは歯に付着する細菌やその代謝物の塊で、食べカスであると思っている方も多いのですが、食べカスとは別物です。
そのネバネバとした黄白色や白色の塊には、1mgにつき約1億個以上の細菌が住み着いています。

プラークの中に存在する虫歯菌や歯周病菌などの細菌は、私達の歯や歯肉に様々な悪影響を及ぼします。


プラークは付着する部分によって、それぞれ歯肉縁上プラーク歯肉縁下プラークに分類されます。
歯肉縁上プラークは、歯肉より上の歯の表面に付着するプラークを指します。
歯肉縁下プラークは、歯肉より下(歯周ポケット内)にたまるプラークを指します。
歯肉縁上プラークは、歯肉より上の歯の表面に付着していますので容易に確認できますが、歯肉縁下プラークは歯肉の下(歯周ポケット内)に隠れていますので、肉眼で確認するのは困難です。


そのため、この検査では歯肉縁上プラークをみています。



では、プラークをそのままにしておくとどうなるのか?


 食後の口腔内は、乳酸菌や虫歯菌が酸を生成することで酸性に傾き、歯のカルシウムを溶かします。

この現象を脱灰(だっかい)と言います。

すぐにプラークを除去すれば、脱灰が起こっても唾液の働きにより酸は中和され、溶けたカルシウムは元通りに修復されます。これを再石灰化と言います。しかし、プラークが付着した状態が長く続いてしまうと、歯の修復が追いつかないまま、脱灰が進行していきます。
脱灰によって歯に穴が空いてしまう「う蝕(虫歯)」の状態となった場合、自然に治ることはありませんので、早期に歯科医院での治療が必要となります。



②歯周病

プラークは歯の表面だけではなく、肉眼では確認が難しい歯と歯肉の間にもたまります。プラークが付着した状態が長く続くと、歯肉に炎症が起こります(歯肉炎)。歯肉炎を治療せずに放置すると、歯を支えている歯槽骨という骨が溶かされてしまい、歯周病を発症します。

歯周病により歯肉や歯槽骨がダメージを受けると、歯肉の出血や腫れ、歯のぐらつきなどの症状が現れます。
虫歯と同様、歯周病は重症化すると歯を失いかねない恐ろしい病気ですが、初期段階では自覚症状がほとんどなく、発見が遅れてしまうことも少なくありません。


③口臭


プラークの中に存在する細菌は、VSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれる硫化水素メチルメルカプタンなどのガスを生成します。これらのガスは強い悪臭を放ち、口臭の原因となります。
また、虫歯や歯周病も口臭を助長する大きな原因につながります。歯周病が進行すると、口臭が強くなることがあります。




このようなリスクがあるので、

検査の時にプラーク量を調べています!


■歯周病検査進行具合

歯周病の検査は、プローブという針状の器具を使って歯周ポケットの深さを調べるプロービング検査を行います。


歯周病の早期から現れる症状の一つに、歯と歯肉との間に隙間ができる歯周ポケットという状態があります。歯周ポケットは一般には深くなるほど歯周病の程度が進んでいると考えられ、歯肉の入り口から隙間の底の部分までの距離を測定して重症度の判定に用います。


この距離を測定することをプロービング検査と呼び、歯周病の基本的な検査の一つとされています。

歯と歯肉の隙間は、歯周病のない健康な歯肉では1~2mm程度なのですが、歯周病に罹った歯肉では3mmを超えるような深さになり、重症の患者さんでは10mmを超えるほどプローブが入っていくこともあります。



■歯の揺れ

歯周病は歯を支えている骨を溶かしていく病気です。

そのため歯周病が進行すると、歯が揺れてきます。

その揺れでも、歯周病の進行具合を確認しています。


■虫歯の有無

歯と歯の間や、歯と歯茎の境目など、虫歯がないかチェックし、

Drの診断により、治療が必要か判断致します。




■まとめ

いくつかの項目をお話ししましたが

ご理解いただけましたでしょうか?


歯周病は自覚症状なく進んでしまう怖い病気なんです!


今からでも遅くありません!

ご自身の歯を守るためにも

ぜひ一度ご来院下さい^_^