ブログ

2021/05/13腰痛2

みなさんこんにちは!横浜市鶴見区にある歯医者さん!うえの歯科医院、ホワイトエッセンス鶴見東寺尾の歯科衛生士の鶴巻です^ - ^





皆さまいかがお過ごしでしょうか?

綺麗な青空と新緑!!!!!

春っぽい時期になりましたね〜






さて今日は腰痛についての続きです。

前回はメカニズム的なことをお話ししたので

今回は対応ですね!



原因が、以前は不良姿勢ら不良動作が原因で発症するとされていましたが...

前回書いたように、精神的ストレスが原因で腰痛 が起こるのが全体の半数以上なんです。



長期間精神的ストレスを感じることで

自律神経の乱れや姿勢の乱れに繋がり、

精神的ストレスを感じることで脳内物質であるドーパミンなどの痛みを抑制するホルモン分泌が減少して

腰痛 が発症すると。


そのため、湿布で何とか...

といっても何とかならない人が多いんです。


1番は精神的ストレスを減らす、

なくすことが大切です。



でも中々難しい。

でも難しいと言い続ければ何も変わらないですから、

自分の好きなものや好きなことを大切にして

心のリセットができるようになると良いとか^ - ^




その他には、運動不足や不良姿勢・動作でおこる

骨や筋肉の障害があり、これは全体の15%くらい。





椎間板ヘルニアや坐骨神経などで起こる

神経の障害も少しありますね。



胃、肝臓、腎臓、子宮などの

臓器周辺で発生した痛みが腰部にまで広がる放散痛で

腰痛 が起こることもあります。

臓器の症状が改善することで腰痛の症状は改善しますが、腰痛 と決めつけるのではなく

内臓疾患系も気にする必要があります。




腰痛は一概に不良姿勢ではなく、

様々な要因があります。

不良姿勢と決めつけずに、色々な情報をぜひチェックしてみて下さい(*´ー`*)