ブログ

2021/09/09秋の美味しいをたくさん食べるために!

皆様こんにちは!




横浜市鶴見区にありますインプラントのヴェリタスインプラントサロン横浜歯周病治療のうえの歯科医院、ホワイトエッセンス鶴見東寺尾の歯科衛生士の鶴巻です♪






もうすっかり季節は秋になりましたね。


これから美味しいものがどんどん増えていきますね~~


冬を越すためにもしっかり食べておかないとです^^




ただ、たくさん食べていただきたい気持ちでいっぱいなのですが


問題が発生中なんです・・・。




それは・・・


《コロナで歯医者を中断したまま》


という方が多いということです。




中断したままの何が問題かというと


知らぬ間に虫歯や歯周病が進行してしまい、


いざ歯医者に来院した時には最終手段の”抜歯”になる可能性が高くなってしまうからです。


また、”抜歯”までいく状態だとお口の中にも細菌が多くいるので


全身疾患や、それこそコロナにかかるリスクも高まってしまいます。


実際にコロナでの健康被害のベスト4に、歯茎の炎症が増加したというのがランクインしています。


これは非常に深刻な問題です。






また、東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科で2021年4月に発表した研究では


コロナの影響で経済状況が悪化した人は歯痛を訴える人が多いことがわかったそうです。


経済状況の悪化や精神的ストレスによって健康行動が変化し、歯痛を引き起こしてると考えられています。






歯が痛くなってからの治療や抜歯、それこそ全身疾患に繋がってしまった場合


それこそ色々と負担がかかります。




だからこそ、今から歯科医院に電話をして検診をしましょう!




今頭にこんな理由を浮かんだかたはいらっしゃいますか?




「いや、自分で綺麗にできているし」




「歯医者で感染しそうで怖い」




「忙しいし」




では一つ一つ答えましょう!




▪️「いや、自分で綺麗にできているし」


実はご自宅で自分で行うケアには限界があるんです。


本当に悪い細菌は歯の表面に膜をはり、強烈にこびりついてるのです。


この膜は歯ブラシでは落とせません。


歯医者で専門の器具を使って落としていきます。


だから、歯科医院で検診をしてください!!!




▪️「歯科医院で感染しそうで怖い」


確かに。以前、歯科医療従事者が感染リスクが高い上位3位でしたね。


ただ、我々歯科医療従事者は日頃から感染対策はバッチリしているのです。


学校でも「自分は自分で守ること」と強く言われ学びました。


以前ニュースでも、


・歯科医院ではマスクやグローブ、フェイスシールドを着用しているため感染しにくい


・器材なども全て滅菌しているのでそこからの感染はあり得ない


・歯科医師から患者さまに感染した例はない


と言っていました。


そのため歯科医院は感染対策をしっかり行っていて安全な場所と言えるとおもいます。




▪️「忙しいし」


大丈夫です。


当医院は月、火、水、金(9:30-13:00  14:30-19:00)日(9:30-14:30


まで診療を行っています。


お気軽に045-572-0008にお電話ください。


また忙しいで放置していると、余計な部分で時間を使うことにもなると思いますので


ぜひ早めの行動を心がけてください。




不要不急と言いますが、歯科医院にいくことは不要ではありません。


むしろ重要ことです。


虫歯や歯周病になっていないか、他に問題はないかということは自分ではわかりません。




ぜひこの機会に歯科医院に行ってきてください^^

秋の美味しいをたくさん食べるために!